コンテンツへ移動

次世代の広告として期待されるリンクアド

リンクアド、何とも聞き慣れない言葉ですが、リンクアドは次世代の広告形態として注目されています。この広告形態は今までの、バナー広告、検索連動型広告、などとは大きく異なった形態になっています。まだまだリンクアドは普及していませんが、次世代の広告として今から注目してみてはいかがでしょうか? このページでは、そんなリンクアドについて紹介していこうと思っています。

テキスト記事に重点を置いた広告

最近のインターネットでは多くのバナー広告の中に、ポツンとテキスト記事があるようなイメージを受けませんでしょうか? テキストページを主体として、その中に広告があるというのが本来のインターネットの姿ではないでしょうか。こういった現在の本末転倒ともいえる姿を変えていこうというのがリンクアドです。リンクアドはテキスト主体の広告を可能にすることができます。

広告を必要とするユーザーにだけ広告を表示する

広告を必要としていないユーザーにとっては現代のウェブページは大変読みにくいページと言えます。 そこでリンクアドは、広告を必要とするユーザーにだけ広告を表示できるようにしました。テキスト記事にリンクを貼り、そこをクリックしたユーザーにだけ広告を見られるようにするのです。そうすることによりテキスト記事を読むことを目的としたユーザーの邪魔になることなく広告を設置することができるのです。 さらに、広告に興味があるユーザーにだけ広告を表示することができますので、質の高いユーザーの集客にも役に立ちます。

記事中に広告収納ができるので見やすいページができる

リンクアドでは広告を記事中のキーワードに設置することにより、広告のテキスト収納が実現できます。 こうすることによって、よりテキストを重視したWebページにすることができるのです。 また、キーワードごとに広告を設置することができますので、広告の露出度という点でも高い評価を受けています。リンクアドは広告重視である企業にとっても、一般ユーザーにとっても有意義な広告といえると思います。

リンクアドはSEO効果も見込める

そもそもWebはテキスト主体であることを基本とされています。ですからリンクアドの広告は、SEO効果も見込めるのです。 リンクアドを利用することによって、広告のスペースにとらわれずテキストを書くことが可能なので、キーワードの出現率やページ内容をより高めることができます。そのことによって掲載順位を高い位置にキープすることが可能になってきます。 また、テキストベースのページは検索ロボットとも相性がいいので、サイトの評価も今までより上がると思います。 このように、リンクアドはSEOにも適した広告方法なのです。

リンクアドは現在広がりつつある広告の形であり、専門家からは高い評価を受けています。テキスト記事を大事にするという基本的なWebページの在り方を守りつつ、広告の効果をしっかり出すリンクアドはまさに次世代広告としてふさわしいのではないでしょうか。

現在では広告の乱雑化によりユーザーからの広告に対しての不信感が高まっています。このようなユーザーの不信感を解消する効果もリンクアドにはあるのです。不信感の解消は結果広告効果の向上にも繋がります。リンクアドの普及によりWeb広告の在り方が大きく変わるのもそう遠くないことかもしれません。

Page top