コンテンツへ移動

成果改善で集客アップを図る

リスティング広告は、検索連動型のオンライン広告です。ユーザーの検索キーワードに合わせた広告ができるので、購入を見込めるユーザーの集客ができるとオンライン広告の中でも人気のある広告です。この広告の特徴は、広告運用のやり方によって成果を大きく変える事ができるところです。成果を改善することによってより高い費用対効果を見込める広告となっています。

リスティング広告の成果改善

上記で話したようにリスティング広告は成果改善によって広告効果を上げることができるオンライン広告です。 ここでは、費用対効果を高めるためにどのような成果改善を行えば良いかについて話していきたいと思います。

キーワードの選定

リスティング広告ではキーワードを随時変えることができます。もし最初に入札したキーワードで効果が見込めない場合は、再び他のキーワードを入札して成果改善を行うことができます。 この時気をつけてほしいのがビックキーワードにこだわらないことです。確かにビックキーワードは検索数が多く集客が見込めますが、単価も高く購買意欲の少ないユーザーまでサイトに引き込んでしまう可能性があります。 このキーワードによる成果改善で心がけてもらいたいことは、入札額の低いキーワードで、質の高いユーザーを集めるということです。 ですから、キーワードにはビックキーワードの関連キーワードがいいと言えます。ビックキーワードで検索したユーザーはその関連キーワードで検索し直すケースが多々あります。しかも、関連キーワードで検索し直すユーザーはキーワードに対しての関心が強いユーザーといえるのです。ですから、ビックキーワードの関連キーワードをうまく選定することで、質の良いユーザーの集客が可能になるのです。またビックキーワードの関連キーワードは価格も低いため費用を抑えることも可能になります。 このように成果改善を考え広告運用することでより広告効果が上がるのです。

サイトの解析

これは、成果改善をするための情報集めという意味です。情報を集めることができなければ成果改善はできません。 解析を行う場合、グーグルアナリティクスなどの解析ツールを使うといいと思います。 どんなキーワードが一番検索され、コンバージョンに繋がっているのかを知ることができます。これらを知ることにより力を入れるべきキーワードの絞り込みや今後の成果改善の方向性が見えてきます。そのことによって、費用な削減にもなり費用対効果の向上にもつながります。 サイト解析の積み重ねをすればするほど成果改善の効果は高まってきます。より良い広告運用をするために解析をまめに行うことをお勧めします。

サイトの改善

広告運用をいかにうまく行っても、サイト自体の質が悪ければコンバージョンにはつながりません。広告の成果改善をし、それでも効果がなかった時は一度サイトの改善を行ってみてください。サイトの出来によってユーザーの印象が大きく変わってくるのです。

以上のようなことを聞いてリスティング広告は面倒だと思った方もいるとは思いますが、改善を行えるというのはリスティング広告のメリットなのです。他の広告媒体では広告掲載後、ただ待つだけであるのに対し、リスティング広告は常に改善を加え最善の形で広告運用ができるのです。 また、リスティング広告は低予算から始めることもできます。いずれにせよオンライン広告の中でも一押しの広告方法といえます。

Page top