コンテンツへ移動

広告は戦略が重要

広告配信に際して、綿密な戦略を立てることは広告の効果を引き出すために無くてはならない事です。また、戦略を立て広告を配信しますが、その広告効果を解析し戦略を立て続ける事がより大きな効果をもたらす秘訣といえるでしょう。
ウェブ広告に限らず、広告というものはその時代のユーザーのニーズに合ったものでなければなりません。対象の年代がある場合、時代の流れと共に入れ替わり、同じ年代でも考え方やものの見方は変わってきます。時代に合わせた広告を配信する戦略と、実際の広告効果によって導き出された結果を解析しての戦略を融合させた、トータル的な戦略を立てることが大切でしょう。

広告戦略のはじめの一歩

広告戦略は広告の質を高める戦略と、その広告を配信する媒体を検討する戦略の2方面から行う必要があります。広告の質とは、ユーザーへ「何を伝えたいのか」を明確にするところから始まります。現在の広告は、種類によって多くの情報を入れ込むことが可能となっています。しかし、ただ商品やサービスの説明を詰め込むだけ詰め込んだ広告はなかなか理解されません。商品の詳細を知ることの出来る広告であろうとも、ユーザー視点から見れば、情報が多すぎて「面倒である」という意識を持たれてしまい、そもそも見てもくれません。ユーザーは常に「自由である」という認識が必要です。広告を出稿する際には、出来るだけターゲットを絞ることが重要であると言えます。絞ったターゲットユーザーの視点で今どのような事に興味が示されているのかを分析し、ユーザー層の「旬」を探ることが必要となるでしょう。それを踏まえてユーザーに伝わる広告を制作する必要があるでしょう。印象に残るキャッチコピーであったり、印象に残る映像・画像、そのユーザー層に「ウケる」ものを基盤とし戦略を練りましょう。そして、掲載媒体戦略ですが、ターゲットを絞る場合、そのユーザー層が何に興味があり一番多く見ているものを選ぶ必要があるでしょう。広告は多種多様な種類があります。ウェブ広告、TVCM、街頭・電車内などの広告、新聞・雑誌などの広告などです。様々な媒体の中で、自社の商品やサービスに合った媒体、ターゲットとするユーザーに合った媒体の選出は広告効果を高めることに繋がります。

広告戦略を継続する

広告を配信するだけで戦略は終了ではありません。常に戦略を練り続け、今の広告の効果を更に上昇させていくことが大切です。現在出稿している広告は、どのくらいの広告効果を出しているかをまず把握しましょう。その上で、違う広告の場合どうなるのかという戦略を立てます。あらゆる広告効果をトータルで考え、良いところ・悪いところを見つけていきましょう。良いところは引き続き活かし、悪いところは改善し新たな広告効果の解析に使うか、良いところの補填に回すなど様々なやり方が浮かんできます。また、作った広告の質の戦略も変えていく必要があります。見せ方・伝え方を現在の効果と共に考え検討していきましょう。その場合、出来るだけ比較対照がある方が分かりやすく答えを導く出すことが出来るでしょう。
こういった広告戦略を行う際には、固定観念を捨てることが重要です。現在のデータが結果として出ているわけですので、それを固定観念と無理矢理つじつま合わせで考えてしまうと、どんどん間違った方向へずれていきます。現在のデータを見て、それで出した答えが、考える「常識」とかけ離れていたとしても、それを曲げる必要は無いと言うことです。ユーザーは常に「気まぐれ」であると言えるからです。

このように、広告戦略は常に行う必要があり、広告効果を最大限に引き出す必要があるといえるでしょう。

Page top