コンテンツへ移動

広告媒体の比較

ウェブ関係の広告について解説してきていますが、その他の広告に派どんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。広告は、様々な種類の手法があり、どの広告が自社の商材に一番マッチしているのか探し出すのが困難となっています。数多くある広告媒体をピックアップし、比較してみましょう。

新聞広告・雑誌広告

新聞広告や雑誌広告などの広告は一過性のものではなく、何度も読み返すことのできる広告であるため記録性があるといえます。また新聞広告の場合、「新聞」という社会的に信頼性の有る媒体での広告配信ということになり、広告の信頼性も高いものであると言えるでしょう。そのため、新聞の広告は非常に効果のあるものです。新聞広告は、日刊誌であればタイミング的な扱いができると事もメリットであるといえます。「そのときに多くの効果を出したい」というピンポイントの広告展開が可能となり融通の利く広告であると言えるでしょう。また、雑誌広告においては、専門性を高めることが可能です。雑誌は様々なジャンルで出版されているため、女性向けの広告であるコスメや美容用品などは女性誌に掲載するということが出来、ターゲットを絞って配信することが可能な媒体なのです。雑誌広告はカラーでの広告配信が可能で、より繊細で鮮明な情報をユーザーに届けることが出来ます。

TV広告

いわゆるテレビCMです。テレビ広告は、ほとんどの国民が見ているテレビに広告を出すことにより、多くの人に知ってもらうことが可能となります。また、テレビ広告は動画で見てもらうことができるので、少ない時間の中にも多くの情報を入れることができ、よりユーザーへ理解してもらいやすい広告なのです。この効果は絶大で、印象に残るテレビ広告を制作できれば、それが放映されることで、口コミによる普及率が他の広告の比ではありません。しかし、テレビ広告は対象を絞ることが出来ず、常に不特定多数に向けての広告配信となるため、あまり専門的な商材の場合に無駄が出てしまうというデメリットもあります。また、広告掲載の費用が高額なものがほとんどです。

街頭広告

街頭広告は、多くの人に目に触れることができる広告です。テレビ広告と同じような位置づけですが、街頭広告は商材によってはある程度ターゲットを絞ることが可能です。例えば、薬などの広告は薬局の街頭、新しい本の広告は書店に設置するなど、専門的なものでもある程度対応できます。しかし、ほとんどの場合はテレビ広告と同様に不特定多数に向けての配信方法となりますので、大きな効果と引き換えに無駄が出る場合もあります。

電車・バスの中吊り広告

最近では、中吊り広告の他に映像を配信するデジタルサイネージ広告も一般化してきています。これは、従来の広告ではなく、電車のドア上部などに動画を配信できる広告スクリーンを設置したものです。電車やバスの広告は、非常に高い効果があるといえます。その理由としては電車やバスに乗っている間は目的地へ着くまでただ乗っている、という状態になり退屈になります。そうすると、中吊り広告を読んだり配信されている映像を見たりして暇をつぶすという行為になります。中刷り広告は、じっくりと読まれる広告であるといえます。そのため、広告1つにつきの文字量が他の広告に比べ大変多くなっているのも特徴です。

Page top