コンテンツへ移動

マッチング広告にする理由・メリット

そもそも、広告でマッチングさせる目的とは何でしょうか。マッチング広告には様々な種類があります。コンテンツマッチ広告、行動ターゲティング広告、検索連動型広告など、マッチングさせる部分は異なりますが、全ては、ユーザーの意向にマッチングした広告を配信するという目的のために配信されています。これらを一つずつ見ていきましょう。

■コンテンツマッチ広告
コンテンツマッチ広告は、ユーザーが現在閲覧しているページの内容とマッチンした広告を配信するという手法です。目的はもちろんクリックされるように、ということですが、これで何故クリックされると考えられているのでしょうか。広告はできる限りユーザーにクリックして欲しいため、ユーザーに興味を持ってもらうことが重要です。であれば、ユーザーが今見たい広告を表示させればいいわけです。しかし、ユーザーの現在の心境までを読み取る機能はありません。そこで、ユーザーが「興味があるであろう」と予測を立て、広告を配信することが今できる最善の配信方法である言えます。現在ユーザーがページを閲覧しているということは、そのユーザーはこのページの内容に興味があるだろうと予測を立てることが出来ます。その内容と同様の種類の広告を表示させることによって、その広告にも興味を示すだろうという考えです。このシステムは、自動的に記事内に書かれた単語やそれを繋ぎ合わせた文脈などによって、自動的にそのページの内容を識別し、それに対応した広告を配信できるようになっています。

■行動ターゲティング広告
行動ターゲティング広告は、コンテンツマッチ広告とは違い、ユーザー毎の閲覧データを蓄積し分析することで、ユーザーの好きなもの・今関心のあるものを解析によって導き出し、それと関連性の有る広告を表示することでユーザーの興味を引く広告が表示できているだろうという考え方の元、誕生した広告です。これは、ウェブサイトにユーザーの足跡を追跡するタグを挿入し、ユーザーがどんなページを見たかという追跡によってデータを蓄積していきます。例えば、このユーザーが過去に野球関係の記事を多く見ているというデータがあった場合、たとえ、ペット関係のページを見ていても「野球用品が激安!」「野球観戦チケットなら○○チケット」などのように、野球関係のホームページへの広告が表示されるという形です。この行動ターゲティング広告は、タグによってユーザーの行動を追うためより多くのサイトにこのタグを入れることがマッチングの制度をあげるために重要なことです。大手のポータルサイトなどは、膨大なページ数を誇り、充実なサービスを提供しているばかりか、コンテンツがジャンル分けされているので多くの商材に対応できるのです。

■検索連動型広告
検索連動型広告は、なかなかマッチング広告と呼ばれることが少ないでしょう。しかし、その手法は、ユーザーがキーワードを入力し検索結果へ入力したキーワードに対応した広告を表示させるということです。そのため、ユーザーの求める情報とマッチンしていると言ってもよいでしょう。検索エンジンはネットユーザーの大半が使用しており、大手のYahoo!JAPANとGoogleは、あまりにも有名です。これらの大手検索エンジンであれば、利用者数は膨大であり、広告が露出する確立は非常に高いものと言えます。しかし、表示のきっかけが、ユーザーの「検索」であることと、広告の表示されるページがそのきっかけによるもので広告主自身で決められないことから、効果の出る時間帯に絞るということが困難な広告であるでしょう。

Page top