コンテンツへ移動

イメージ広告の今

イメージ広告は、現在のウェブ広告では、非常に多く使われている手法です。イメージ広告が、従来のテキスト広告と違って多く利用される一番の理由は画像を用いることにあり、テキスト広告よりも鮮やかで目立たせることが可能だからです。そのため、イメージ広告をいかに目立たせるデザインにするかということに注力され、多くのデザイナーが、知恵を絞りました。しかし、そういった、デザイナーや、広告主の思惑とは裏腹に、サイトにおいてイメージ広告は目立ちすぎると考えられる傾向にあるのが現状です。完成され、綺麗にデザインされたウェブサイトであればあるほど、イメージ広告によって、そのサイトの雰囲気を壊してしまう可能性があると考えられるようになったのです。
目立たせる事で注目を浴びるはずのイメージ広告ですが、実際の統計上ではテキスト広告とのクリック率の差はさほどありません。掲載場所によっては、イメージ広告よりもテキスト広告の方クリック率が高いというケースも見受けられるほどです。これは、ユーザー視点から見ても、目立たせすぎたイメージ広告が「鬱陶しい」と思われてきているのも原因です。
それを裏付けるように、ウェブサイトに合った色合いのイメージ広告や、サイトに溶け込むカタチのイメージ広告は、従来のイメージ広告よりもクリック率が高いといデータもあります。

テキスト広告との比較

テキスト広告は、イメージ広告と違って、目立たずサイトに溶け込ませることが可能な広告であるといえます。サイトイメージを損なわずに掲載できることから、古くからある広告手法であるにもかかわらず、今もなおイメージ広告やリッチメディア広告と肩を並べている広告手法といえます。ページにマッチさせる広告としては、格段にテキスト広告の方が能力が高いと言えるでしょう。また、テキストリンクは、ページの記事内のリンクと同じような認識で捕らえられることが多く、ユーザーがクリックするのに抵抗があまり無いというところが、イメージ広告と同等のクリック率を誇るポイントでしょう。テキスト広告もイメージ広告と同等の働きをすると言えます。

効果のあるイメージ広告

テキスト広告とさほど効果の変わらない広告とイメージ広告を説明しましたが、中には非常に高価の有るイメージ広告があります、そもそもイメージ広告は、商品そのものの機能や便利さ、特徴に焦点を当てたものではありません。ユーザーの感情に訴えかける広告であるため、ユーザーの心としっかりマッチした広告の場合、その効果はテキスト公告の比ではありません。どのようなものが、ユーザーの心を掴むのでしょうか。イメージ広告は、その商品のイメージを伝えるものであるため、そのイメージに合ったユーザーに心地良いものでなくてはなりません。綺麗な映像を使いクリーンなイメージを出したり、高感度が高いタレントを起用することも一つの方法です。広告を見たユーザーに「いいな」と思わせることがイメージ広告役割であるといえます。

イメージ広告は、利用方法が非常に難しいものです。それは、上記のとおり、感情に訴えかける広告であるためです。ユーザーの感性は一定ではなく、人それぞれ感じ方は異なります。より一般的なものの見方、また、ユーザー視点のものの見方で、制作をする必要があるでしょう。しかし、ユーザーの感情と作り手の意図が合致した際の効果は非常に大きなものであるといえるため、今後も注目される広告手法だと言えます。

Page top