コンテンツへ移動

ターゲティングメール広告とは?

ターゲティングメール広告とは、メール広告の一種であり、広告を配信したい自社の商品やサービスに関連した配信対象ユーザーの年齢や、性別、興味を示しているものという事前のユーザー情報とマッチングさせ、興味が大きいと思われるユーザーへターゲティングし集客を狙う方法です。「メール広告」という名前のとおり、メルマガの配信などを利用する場合もありその種類も多岐にわたります。

では、多くのウェブ広告の中において、なぜメールという方法の広告形態なのでしょうか?これは、会員登録をしているユーザーは、その配信元媒体の利用者であるといえるでしょう。利用者であり、メール配信を希望しているユーザーの場合、それに関連する情報を求めていることなります。会員であるため、通常のウェブ広告よりも、ユーザーの情報を詳細に把握できるという利点があり、広告効果を出すにあたって、ダイレクトにユーザーの欲しいジャンルの情報を送ることが出来ます。そのため、高いクリック率を実現できる広告であるといえるでしょう。

メール広告のメリット

■ユーザーが会員であるため、高いターゲティング効果が期待できる。
興味のあるターゲットを絞る事が容易であり、それに対応する広告を配信することで、大きな効果が期待できます。

■短期間での効果促進に効果がある
メール広告は、広告が届いたことをユーザーが知ることができる広告です。ウェブ上のバナー広告などの場合、新しい広告を配信しても、ユーザーが閲覧するまでは、効果が出ません。メールという形の広告配信方法を利用することで、効果が早く出るものだと言えます。

■予算に応じた広告配信が可能
非常に低予算のプランから、広告配信が可能となります。広告効果を試すための広告配信などの可能なほどの価格設定であり、幅広い広告展開が可能となります。

ターゲティングメール広告による効果

ターゲティングメール広告は、通常のメールマガジン配信の広告とは異なります。上記のとおり、興味の有るユーザーのみにメール広告を配信し、さらに、メール広告であるが故に、ユーザーに気づかれやすく広告の内容を読まれやすくなります。多くのユーザー数を誇る、大手サイトなどのターゲティングメール広告は、より多くのユーザーへ広告を見てもらうことが可能で、メール広告という手法なためウェブ広告とは違ったユーザーの獲得も多く見込める広告形態と言えるでしょう。
また、メール広告の配信を承諾しているユーザーにのみ配信を行う方式であり、メール広告にそもそも興味の有るユーザーへ配信されるといった点でも、高い閲覧効果、それから繋がるクリック率の上昇効果も同時に期待できます。

メール広告という、ウェブ広告では、特殊な手法の広告ですが、利用の仕方によって、通常のウェブ広告を凌ぐ効果を発揮します。メール広告を効果的に利用し、高い広告効果を実感してください。

Page top