コンテンツへ移動

独占広告の効果

独占広告とは、広告配信において特定の1社に絞って広告を配信する手法で、メールマガジンなどに多く使われます。独占広告は特定のメールマガジンの広告スペースを1社へ絞る事により、より大きなクリック率を実現させるものです。通常コンテンツのマッチしたメールマガジンへ広告を掲載し、配信していきますが、様々なコンテンツ情報を配信しているポータル系のメールマガジンにも掲載が可能です。また、1社に絞りその1社の特集メールマガジンを配信する形も独占広告と呼び、その効果は大きなものとなります。

通常メールマガジンの広告枠へ、広告を掲載した場合、できるだけ見てもらえるような場所に出稿したいと思うでしょう。メールマガジンにおいて、広告を出稿している場合、従来のメールマガジンコンテンツ内の表示では、なかなか目立ちにくく、掲載できる文字数にも制限があり多くの情報を掲載することはできません。また、そもそも「広告枠」というスペースにおいては、大きなクリック率が見込めなかった、という場合に有効です。加えて、特に大きく配信したいコンテンツが有る場合、出来るだけ競合と同時に配信することは避けたい場合などにポイントで使用するといったケースもあります。

料金形態はクリック報酬型の業者が多く、配信して集客という効果の出ない場合には料金がかからないため、非常に効率的な広告配信方法といえるでしょう。また、配信されるメールマガジンも効果の高いとされる、または今まで大きな効果を発揮してきたメールマガジンを使用するため、大きな効果が期待できます。

独占広告のメリットについて挙げていきましょう。
まず、一番のメリットはやはり、独占しているという事でしょう。他者の広告が入らないため、ユーザーは自社の商品やサービスの詳細を把握してクリックすることとなります。自社だけのメールマガジンということで、文字数制限によって、十分に商品やサービスの紹介が出来ないなどということもないでしょう。また、配信業者によっては、多数のメールマガジンでの配信が可能であり、より高い露出効果を望めます。

たとえメールマガジンの広告であったとしても、広告枠、なかなかクリックしてもらうことができません。ユーザーの広告枠に対しての認識が、低くなってきているためです、しかし独占広告によって、その広告そのものがメールマガジンである場合、ユーザーは、広告枠の無いメールマガジンであると認識するでしょう。内容を閲覧してもらうことが、まず可能性として高くなります。閲覧してもらえれば、いかにして興味を引く文面を提供するかがカギとなります。文章でユーザーの心を掴むことができれば、その先のリンクURLをクリックしてもらえる確率も高くなります。この際、リンクURLには、アクセス解析などの効果測定を施しておくことが大切です。メールマガジンの配信広告であろうとも、その効果測定を行うことで、更に効果の高い文面や、効果の高いメールマガジン媒体を選定することが可能となります。

上記のような独占広告という形の広告ですが、上記で紹介した広告はクリック報酬型であり、料金が発生しているということは、自社のサイトへ誘導できているということになり、非常に無駄の無い広告展開が可能となります。

Page top