コンテンツへ移動

インターネットならではのバイラル広告

インターネットでは、広告の規制がテレビ等の公共広告と違い緩くなっている為、テレビ等では流せないような広告が可能となっています。そのような広告をバイラル広告と呼びます。 バイラルとは『感染する』『伝播力がある』と言った意味があります。つまり、このバイラル広告の作成次第では話題性に富んだ口コミ効果が高い広告を作れると言うことです。 バイラル広告にはメリットとデメリットがありますが、上手に利用することによって大きな広告力を可能にすることが出来ます。最近では、欧米などで流行りつつある広告として注目を集めています。

バイラル広告のメリット

では最初に、バイラル広告のメリットについて話して行きましょう。

通常の広告よりも強い印象を与える

バイラル広告は上記でも話したとおり、公共の広告では少々載せられないことを載せる広告です。 少し聞いた感じではなんだか悪いことのように思えますが、それは考えようによって変ります。つまり、公共広告では規制があり紹介できなかったことをバイラル広告では紹介できると言うことです。 そのギリギリのラインがあるとないのとでは消費者に与える印象が大きく変る商品があると思います。そういった商品はネットでバイラル広告を出すことによってより大きな広告性かを出すことが出来るのです。

規制の激しい商品の広告が可能

例えば、タバコや、健康食品などは公共広告ではかなり厳しい規制が発生します。 タバコのCMなどは、ほとんどTVCMで取り扱われていることは無いですよね。こういった規制がネットではかなり軽くなってきます。ですから、タバコ関連商品や健康食品などはこのバイラル広告を利用することにより、しっかりとした商品紹介ができると言えます。

バイラル広告のデメリット

バイラル広告のデメリットは広告形態そのものではなく広告を作る側の問題によって発生してきます。 どういうことかと言いますと、メリットで話したようにネットでは規制と言うものがとても軽いのです。その気勢の軽さに乗じて、過度な広告をしてしまうケースが多いのです。過度な広告はユーザーを不愉快な気持ちにしてしまい、サイトの印象を大幅に悪くしてしまいます。ユーザーに不快な思いをさせてしまっては、せっかくのバイラル広告もマイナスにしか働きません。ものには限度と言うものがありますので、その限度内でユーザーの心を掴む広告運用をしてください。

賛否両論のバイラル広告

バイラル広告に関しては賛否両論のようですが、おそらく反対している人の大半が、アダルトサイトなどの非社会的な広告に良い印象を持っていないと思われます。確かに、アダルトサイトなどの広告はバイラル広告の悪い例でしかありません。バイラル広告は上記でも話しましたが使い方によって社会的かつ、有益な広告として活用することも出来ます。

ですから、バイラル広告に悪い印象を持っている人は、少し見方を変えてみてください。せっかくの広告効果を無駄にしてしまいます。 バイラル広告は言うならばネット広告運用の強みです。この強みを使わない手は無いと思います。しっかりと社会的道徳に則った広告にすれば問題ないはずです。ネットならではの強みをしっかり使い広告効果を高めていってください。

バイラル広告のメリットとデメリットを把握できたでしょうか?当サイトではあくまで適度なバイラル広告を進めているだけで、過度なバイラル広告を薦めているわけではないことを誤解しないで下さい。 バイラル広告の過度な表現や広告はユーザーを逆に遠ざけるだけです。あくまで、適切な限度の広告運用を心がけるようにしてください。

Page top