コンテンツへ移動

高い評価を受けているピクチャー広告

ピクチャー広告とはモバイルサイトのインデックスページで掲載されるバナー広告の事を指します。 モバイルサイトの画面4分の1サイズの広告が可能で、Flashなどの動画を使うことによって、高いビジュアル表現が可能になり、ユーザーの認知度を高めることが出来ます。画像による広告はユーザーの記憶に残りやすい為、広告としての効果は高いと言えます。

■ピクチャー広告の掲載形態

ピクチャー広告には2種類の広告形態があります。

クリック保証型

クリック保証型の掲載形態の場合、ある決められたクリック回数を超えるまで広告を掲載してもらえます。 逆を返すとクリックされなければずっと掲載していられると言うことです。

インプレッション保障型

インプレッション保障型は、特定のインプレッション(表示回数)があるまで掲載し続けてくれるという広告形態になっています。 ピクチャー広告はユーザーの好みに適した際と選択が可能ですので、インプレッション効果を向上させることも可能です。 モバイルサイトのブランディングに適した広告方法ともいえます。 ■認知度促進効果があるピクチャー広告 ピクチャー広告はユーザーの印象として、『インパクトが強い』『個性を感じる』『親近感が沸く』等のイメージを持っていることがある調査で分かっています。これらの印象は広告においてとても大切な要素と言えます。この要素があるということはそれだけユーザーの記憶に残ると言うことです。 広告を出すのであれば、ユーザーの記憶に残ると言うのは一つの目標です。ですから、ピクチャー広告は高い広告効果を持つ広告法と言えるでしょう。

企業イメージを理解してもらえる

ピクチャー広告はテキスト広告と違い、ビジュアルに訴えかける要素が多い広告となっています。ですから、テキスト広告では分かりにくい企業イメージをより明確に伝えることが可能になります。この企業イメージはユーザーとのコミュニケーションにおいて非常に大切なことです。ユーザーからの信用が得られなければ、サイトの収益には繋がりませんし、それどころか集客すら見込めません。 広告を行うにあたって考えなくてはいけないのはユーザーが以下に入りやすい環境を作るかです。その為にはユーザーからの信頼は必要不可欠です。ですから、企業イメージを理解してもらうことによって信頼を高めることにはとても意味があることだといえるのです。

バナーの出来で効果が変る

ピクチャー広告と言うぐらいですからバナーの出来は重要なところです。上記でも話したとおりバナーは企業イメージをユーザーに知ってもらう大切なツールです。ですから、ここはプロに身任せることをお勧めします。

多少費用はかかりますが確実に企業のイメージをつたえてくれるバナーを作ってくれるはずです。良いバナーでサイトの集客を上げてください。

ユーザーの印象に残っている広告のほとんどがピクチャー広告によるものだと言ってもいいかもしれません。視覚的な印象は確実にユーザーの記憶に残ります。記憶に残ったサイトは当然、他のサイトに比べ集客もコンバージョンも上がってくるでしょう。 モバイルサイトの運営で、行き詰っていると感じている企業の方は是非このピクチャー広告を為してみてはいかがでしょう。今でと違ったモバイルサイトの姿を見ることが出来るかもしれません。ピクチャー広告でサイトの一層の繁栄なしえることを願っています。

Page top