コンテンツへ移動

効果的なWEBプロモーションを考える

サイト運営をしている方なら、誰もがサイトを多くのユーザーに知ってもらいたい、そして商品購入をしてもらいたいと思っているはずです。 サイトには、売れるサイトとそうでないサイトが存在します。内容はそれほど大きく異なるものではないのに、成果が全然違うというケースが多々あります。その差はどこから生まれると思いますか? それは、いかに効果的なWEBプロモーションを行っているかの差なのです。サイトは、どんなに綺麗なデザインで作成しても、更新を一切せず放置していてはその存在意義はなくなってしまいます。効果的なWEBプロモーションを行いユーザーにアピールすることでサイトの意義は発生するのです。

効果的WEBプロモーションのポイント

効果的にWEBプロモーションを行うポイントは3つあります。

1.ユーザー視点に立ってニーズ、要望を徹底解析する

2.ユーザーが満足できるサービス(商品)の提供

3.他の媒体と併用したプロモーションを行なう

この3つを比べてお気づきになった人もいると思いますが、効果的WEBプロモーションにはユーザー目線になることが必須なのです。 サイトのアピールを押しつけるのではなく、ユーザーにあったアピールをすることが大切です。 では、1つずつ詳しく説明していきましょう。

1.ユーザー視点に立てニーズや要望を徹底解析する。

これは、効果的なWEBプロモーションを考える上での基本です。WEBプロモーションとしてオンライン広告を出すという場合が多いと思いますが、このユーザー視点に立った広告が出せなければ全く効果を出すことが出来ません。ユーザーは何を必要としているのか、ユーザーの間では何が流行っているのかなどを徹底解析し、そのキーワードに沿った広告をしていくことが大切です。

2.ユーザーが満足できるサービス(商品)の提供

ユーザーはキーワードを元にサイトに興味を持ちあなたのサイトを訪れます。当然ユーザーはそのキーワードに関した情報を期待しているはずです。ですから、ユーザーが求める情報がサイトに少ないという状況では簡単にユーザーはサイトから離脱してしまいます。ユーザーの離脱を防ぐことはサイト収益に大きく関わってくる問題です。いかに、ユーザーに合ったサービスの提供が出来るか、いかに離脱率を下げるかが大事なのです。 これらのことは一見基本的なことなので効果が見込めないのではと思うかもしれませんが、それは違います。良いサイトはよく売れるというのは定説です。 ですから、WEBプロモーションを効果的に施しユーザーから良いサイトと言われるようになることが大切なのです。

3.他の媒体と併用したプロモーションをかける

効果的WEBプロモーションとしてあげられるのが、クロスメディアによる広告力の向上です。 広告媒体は何もインターネットだけではありません。他の広告媒体から、サイトに誘導できれば大幅な集客アップが見込めます。また、広告の連携により長所・短所を補った広告プロモーションが可能になります。ユーザーのことを考えてもより多くの情報をしっかり伝えられる広告方法なのでユーザー目線のWEBプロモーションといえるでしょう。

効果的WEBプロモーションについて話してきましたが、これらのことは一見簡単そうに見えて意外と難しいものです。ですから、一般的には広告代行会社などに頼むケースが多いと聞きます。確かに広告代行会社にWEBプロモーションを依頼することは効果的ですが、自分自身WEBプロモーションについて考えることが出来なければ、まかせっきりのプロもションとなってしまいます。それではあなたの会社に本当にあった効果的WEBプロモーションは出来ません。しっかりとWEBプロモーションとは何たるかをしっかり把握した上で、広告代行会社に依頼することをお勧めします。

Page top