コンテンツへ移動

サイトはユーザーとのコミュニケーションツールだと認識する

ウェブコミュニケーションとはウェブサイトを通じてユーザーに対してコミュニケーションを図るというものです。 本来Webサイトは、双方向性のコミュニケーションでなければいけないものです。こちらの意見をユーザーに押しつけるだけではなく、ユーザーからもしっかりとコミュニケーションを図れるようにあるべきだと言えます。しかし、現状ではそういったコミュニケーションを取れるサイトは少ないと言えます。 ですから、このような状況を打破し気分良くユーザーにサイトを見て貰えるように、しっかりとしたウェブコミュニケーション戦略を立てなければいけないのです。

ウェブコミュニケーションの必要性

現在、ユーザーにとって、あなたのサイトは信用されたサイトと言えますか? サイトというのは、その会社そのものだと認識して下さい。そのイメージが悪いと言うことは会社へのイメージが悪いと言うことです。 ウェブ広告は他の広告媒体と違って、少々信用に欠けるという短所があります。信用が欠けていると言うことはユーザーとサイト間でのコミュニケーションが成立していないと言うことです。それでは、いくらサイトにユーザーが訪れても明確な効果を生み出すことは出来ません。ウェブコミュニケーション戦略を施し、ユーザーがあなたのサイトに信用をおいたときに初めてサイトの効果が出るのです。

ウェブコミュニケーション戦略でユーザーからの信用度を上げる

サイト運営の上でユーザーとのコミュニケーションが必要だと言うことは理解頂けたかと思います。 では、実際どのようなウェブコミュニケーション戦略を立てたらいいのかを話していこうと思います。

広告には出来るだけ社名を入れる

ユーザーにとってサイトというのは多くのベールに包まれた存在です。現に悪質なサイトや広告はウェブの世界で横行しています。このような状況からユーザーはインターネットと言うものに対してかなり敏感になっています。ですから、ユーザーを信用させるために会社名を広告やバナーなどに入れることで、ユーザーに安心感を与えることができます。少しでも不明な部分を減らすことで、より深いウェブコミュニケーションをとることが出来るのです。

ユーザーが求める情報をしっかり入れる

ユーザーはキーワード検索をしてあなたのサイトを見つけます。つまりキーワードに対しての情報や、答えをあなたのサイトに求めているわけです。 最近、よく見かける悪い例として、キーワードに関係ない内容のページがあります。このようなサイトでは、ユーザーは質の悪いサイトだと判断せざるを得ません。 サイトはユーザーが求めるキーワードにしっかり応えたものでなくてはいけないのです。集客からコンバージョンに繋げるためにはユーザーの要望に答えられるサイトである必要があります。

ユーザーが使いやすいサイトにする

これも基本的なウェブコミュニケーション戦略です。いくら様々な条件を満たしても、サイトが使いにくく上手くユーザーに情報が伝わらなければ、やはりコミュニケーションをとれたとは言えません。今、自分はどのページにいるのか、他のページに行くにはどうすればいいのか、TOPページにはどう戻るのかなど、サイトの構造を明確にしましょう。サイトマップなどもあると尚いいと思います。 ウェブコミュニケーション戦略というのは言うならば基本的なことをしっかりやるということといえます。

この基本的な作業をせずに、サイトの売上や広告運用ばかりに気をとられて、サイトの質を下げてしまっているケースが多く見られます。サイトの質を下げないよう、ウェブコミュニケーション戦略をしっかり行って下さい。信用あるサイト作りがサイト繁栄の近道です。

Page top