コンテンツへ移動

4大メディアの衰弱がクロスメディア定着の原因

4大メディアとは新聞、雑誌、ラジオ、テレビの広告媒体のことを指します。近年のインターネット拡大によりこれらの効果は衰弱してきたと言えます。 このような傾向が見られる現代ではマーケティング手段として、インターネットと、4大メディアのクロスメディア戦略が定着しつつあるのです。 クロスメディアは異なる広告媒体を連携させ、互いの良いところ、悪いところを埋める効果があります。その効果により本来1の力しか持っていないものを2、3と力を引き上げることが可能なのです。

クロスメディア・マーケティングの目的を明確にする。

クロスメディア・マーケティングを実施する前にはその目的をしっかり明確にして行いましょう。クロスメディアはその目的により大きくその形態が変わってきます。 例えばサイトへの集客を目的とするなら、しっかりとサイトに誘導できるような連携形態を取らなくてはいけません。 クロスメディアは単体での広告効果を見込むことが出来ないからこそのマーケティングです。 商品内容、媒体の相性、計画などをしっかりと考え、最初に立てた目標を達成できるようにすることが大切です。

クロスメディアの広告媒体の組み合わせ

広告マーケティングでクロスメディアを扱うときには様々な媒体の組み合わせが考えられます。中でも一般的なのが、Webサイトとの組み合わせが一般的です。 テレビショッピングなどを見たことがありますか?テレビショッピングで商品紹介の後に、「詳しくはコチラ」とサイトURLが表示されるケースが多く見られます。まさにそれが、クロスメディアです。この場合はテレビ媒体とWeb媒体のクロスメディアとなります。 このようにクロスメディアを使ったマーケティングは多く見られます。広告の片隅にあるQRコードもインターネットとのクロスメディアと言えるでしょう。 クロスメディアは広告媒体の組み合わせによって大きく効果が異なってきます。クロスメディアを考えたマーケティングを行うときは、どのような組み合わせが一番効果を発揮するのかをしっかり考えて行って下さい。

クロスメディア・マーケティング代行会社

クロスメディア・マーケティングが定着してきていることについてご説明してきましたが、その定着に伴ってクロスメディア・マーケティングの代行会社が今増えてきています。 クロスメディアについての知識はなかなかすぐに覚えられるものではありません。商品に合ったクロスメディアを考えるとなるとより難しくなってしまいます。 ですからこのようなマーケティングを広告代行会社に依頼するというのは珍しいことではないようです。 効果の分からないマーケティングに時間を割くのは得策では無いと思います。時は金なり、という言葉通りその時間は費用ととっても良いものです。ですから、クロスメディア・マーケティングを考え、よりプロもション方法が浮かばなかったときには、代行会社に依頼すると良いでしょう。

専門知識を駆使してあなたの会社に利益になるようなクロスメディアの利用法を提案してくれるはずです。

クロスメディアは今。マーケティングを考える上で外すことの出来ないマーケティング方法です。その効果は運用の仕方次第で大きく変わってきます。 連携力は足し算でなくかけ算です。より良いクロスメディア・マーケティングが出来ればその効果は爆発的に伸びます。ですが、考え無しに行ってしまうと効果は全く見込めません。

クロスメディア・マーケティングはかけ算で成り立っていますので、何か1つが0だと効果そのものもゼロになってしまうのです。そのようなことのないように、クロスメディア・マーケティングをしっかり練って爆発的な効果を出して下さい。

Page top