コンテンツへ移動

クロスメディア戦略とは何かを知る

クロスメディア戦略という言葉を聞いたことはあるでしょうか? クロスメディア戦略とは1つの情報(商品)に対して様々な広告媒体を用いて広告をしていく広告戦略と言えます。このクロスメディアがマルチメディアと違うところは、各々の広告媒体でピリオドを打つのではないと言うところです。各広告媒体の連携によって相乗効果をもたらすのがクロスメディア戦略なのです。このようにメディア間で連携することにより、各メディアの長所と短所をしっかり補うことが可能になってきます。つまり、より内容の詰まった広告戦略になると言うことです。

クロスメディア戦略のメリット

クロスメディア戦略は他の広告媒体との連携によって各広告の効果を高めることができます。ここでは具体的にクロスメディア戦略のメリットについて話していきたいと思います。

企業イメージの統一感を出すことが出来る

クロスメディアは様々な広告媒体を利用します。その各媒体で企業イメージをしっかり出す事により、消費者に対する企業イメージを統一させることが出来ます。消費者から見て企業イメージが統一していない企業は信用できないと見られてしまいます。企業イメージの統一は企業の方向性を明らかにするものであり、消費者から信頼を得るための大事な要素なのです。

制作工数の減少による時間短縮とコスト削減が見込める

クロスメディア戦略はマルチメディア戦略とは違い、媒体によってコンテンツ、素材、資料を使い分ける必要がありません。企業イメージの統一を考えれば同じイメージで進んでいくことが有意義と言えるからです。 その為一度制作した、資料や、コンテンツ、素材などを他の広告媒体でも使い回すことが出来ますので、制作にかかる時間や、制作コストを削減することが出来ます。

段階的なプロモーションが可能

カタログや、広告から、サイトへの誘導が可能です。様々な媒体を経由してサイトなどに辿り着いた消費者はとても質の硬い、購買意欲の高い消費者と言えます。またネット以外からの集客が見込めますので普段はインターネットを使わない方などの新規顧客を開拓するにはいい戦略と言えます。

オンライン広告もクロスメディアの1つ

多くのメディアを使用する方法がクロスメディアと思われがちですが、広告媒体の違いでもクロスメディア戦略と言うことが出来ます。 検索サイトの広告枠に広告表示することが出来るリスティング広告も、ブログなどに広告を載せてもらうアフィリエイト広告も、クロスメディア戦略の1つと言えます。違う広告媒体で連携して広告の相乗効果を上げていくことがクロスメディア戦略の定義と言えるかもしれません。

クロスメディア戦略は現在多く普及しています。企業サイトの増加により競合が増えたため、こぞってクロスメディア戦略を取り入れているのです。もし、あなたのサイトではまだこのクロスメディア戦略を施していないと言うのであればすぐにでも施すことをお勧めします。

インターネットの世界では時代に乗り遅れたら終わりです。時代に乗り遅れないよう、効果的だと言われる事は出来るだけやった方が良いと思います。そのような努力が、サイト運営の糧になるのです。サイトは生き物ですので、常に刺激を与えより成長するよう戦略を練ることが大切なのです。

Page top