コンテンツへ移動

オンライン広告のイメージ

インターネットの普及によって今や幅広く広まったオンライン広告ですが、ユーザーは一体どういったイメージでオンライン広告を見ているのでしょうか?広告にとってイメージはとても大切なものです。イメージなくしては広告とは言えません。このような考え方も広告運用には必要になっています。いかにユーザーに良い印象を与えるかが、広告の勝負どころのうちの一つといえます。

このページでは、オンライン広告の良いイメージと、悪いイメージについて紹介していきます。広告運用をするなら、良いイメージをさらに良く、悪いイメージは払拭するよう心がけていくことが必要だと思います。

オンライン広告の良いイメージ

ユーザーから見たオンライン広告のイメージを調査した結果、良い部分では他の広告媒体に比べ『情報にタイムリー感を感じる』『情報が詳しく知ることができる』などのイメージがあることが分かりました。

このようなイメージには他の広告媒体と違った、オンライン広告の特性が関係すると言えるでしょう。

オンライン広告は他の広告媒体と違い、より詳しくユーザーの関心に適した広告運用をしやすく、広告リンクの使用により広告スペースにとらわれることなく、情報を事細かに掲載できるという特性があります。

これらの特性が上記のような『情報のタイムリー感や』『詳しい情報を知れる』といったイメージを与える要因になっていると言えるのでしょう。これらの特性は言うなればオンライン広告の強みです。この強みをしっかりと加味した広告運用をすることによって、更なるオンライン広告の効果を出すことができるでしょう。

そのほかにも、『購買意欲がわく』『関心が持てなかったことに関心が持てるようになる』といった印象が、他の広告媒体と同等にあるそうです。これから言えることはオンライン広告も、今までの広告媒体同様ニーズが増えてきていると言えるのではないでしょうか?

これだけ普及したオンライン広告ですから、これを有効的に使わない手はありません。

オンライン広告の悪いイメージ

今度は上記とは逆にオンライン広告は、その他広告媒体に比べどのような悪いイメージがある買いについって話していきます。 オンライン広告の悪いイメージ、それはその他広告媒体に比べ信用性に欠けるということです。

テレビなどの広告媒体には必ず会社名などが明記されていますが、オンライン広告には会社名が明記されていないものが多く存在します。また、最近のWeb状況は広告の乱雑が目立つ状況にあります。無駄な広告が多くなることによって広告一つ一つの信用性がかけてしまうのです。つまり、オンライン広告を運用する際にはこのことに十分注意する必要があるということです。

過度の広告は避け、広告としてバナーを設置する場合にはしっかり会社名を明記するなど、ユーザーに信頼してもらえる広告になることを心がけて下さい。

以上のように、オンライン広告は、他の広告媒体と比べ、良い点・悪い点が存在します。このようなオンライン広告のイメージを知らずにオンライ広告の運用をしてもなかなか効果を表さないはずです。

オンライン広告の良い点・悪い点を知って初めて意義のある対策を練れるようになるのです。広告効果をコントロールできるのも他の媒体対広告と違う点です。オンライン広告は広告運用の方法によって広告効果は大きく変わっていくのです。

Page top