コンテンツへ移動

料金形態を知ってより良い広告運用を展開する

一言にオンライン広告の料金形態と言っても色々な料金形態があります。

オンライン広告を運用する際には、この各広告サービスの料金形態をしっかり把握しなければなりません。料金形態によってメリット・デメリットがあります。ですから、広告サービスによっての料金形態を知っていなければ広告を有効的に運用することが出来なくなってしまいます。費用を抑え費用対効果を上げることはとても大切なことですから、しっかり把握しておいて下さい。

様々な広告料金形態と、そのメリット・デメリット

オンライン広告の料金形態にはメリットとデメリットがあることは説明しましたが、具体的に料金形態によって、どのようなメリット・デメリットがあるかを話していきたいと思います。

成果報酬型 これはアフィリエイトなどのオンライン広告によく使われる料金形態です。成果報酬型は読んで字の如く成果に対して料金がかかる料金形態です。成果報酬型はさらに2つのタイプに分かれます。

・定額報酬型

これは商品購入1件につき●●円といったように定額の報酬を支払う形です。商品の取り扱い単価が平均的なサイトではこの定額報酬型の料金形態を利用しているサイトが多いようです。

・定率報酬型

このタイプは商品の●%といった定率の金額を支払う料金形態です。サイトで高額なものから定額のものまで幅広く行っているときには、この定率型を使うケースが多い様です。

成果報酬型のメリットは売れなければ費用が発生しませんので、確実な費用対効果を獲るのに適しています。しかし、デメリットとしては、売上が高くなればなるほど払う料金が多くなると言うことです。場合によっては月額固定型の料金よりも多くかかってしまいます。

月額固定型

1ヶ月に●●円といったように、付きに払う料金が決まっている料金形態です。月額固定型のメリット、デメリットは成果報酬型の間逆と言えます。売上がいくら上がっても支払う料金は変わりませんので、売れた場合の費用対効果は高くなると言えます。逆に、あまり売れなかった場合、最悪のケースだと売上よりも費用の方がかかってしまったという事になってしまいます。ですから、ある程度の毎月の売上を見込むことが出来る場合に月額固定型をお勧めします。

クリック課金型

これはリスティング広告などのオンライン広告に採用されている料金形態です。 入札したキーワードで何回クリックされたかによって料金がかかります。

キーワード単価×クリック数=費用

といった形です。

このクリック課金のメリットはクリックされなければ広告料金が一切かからないという点です。また、高い費用対効果を見込めるというのもメリットといえます。逆にデメリットは、コンバージョンに繋がらなかったユーザーのクリックでも料金が課金されてしまうため、しっかりとキーワードを選ばなければ、クリックだけが増え料金がかさんでしま可能性があります。

料金形態の差だけでもこれだけ、メリット、デメリットが変わってきます。ただし、オンライン広告は料金形態だけで選ぶものではありません。広告運用によって料金形態のデメリットを補ってあまりある効果を出すことも出来ます。ですから、オンライン広告の広告内容と料金形態を加味した上で広告を選んで下さい。

Page top