コンテンツへ移動

オンラインマーケティングでサイトを活性化する

オンラインマーケティングとは、サイトにユーザーを集客するためのマーケティング活動のことを言います。

あなたは今のサイトに状況に満足していますか?そして、その状況を打破できないものとして諦めていませんか? もしそう思ってしまっているならばオンラインマーケティングをしていてください。現在の人気サイトと言われるサイトのほとんどがこのオンラインマーケティングを行っていると言っても過言ではありません。逆を返せば、オンラインマーケティングを上手く行うことができれば、あなたのサイトも人気サイトになりうる可能性があるということです。

オンラインマーケティングとして考えられる方法

オンラインマーケティングを行うと一言でいっても色々な方法があります。あなたがどういったことを目的とするかによってもその使い方は大きく変わっていきます。ここでは、数点具体的なマーケティング法を紹介していきます。オンラインマーケティングを行うときの参考にしてみてください。

・アフィリエイト広告

ウェブ上の口コミを利用したオンラインマーケティング。 ブログや他のホームページに広告を載せることによって集客を増やす方法です。基本的にはアフィリエイターが運営しているブログに広告を載せることが多いといえます。アフィリエイターは成果地点をクリアすることで、いくらかの利益をもらっているユーザーのことをさします。ですから、アフィリエイターの間で、あなたの商品は人気があると口コミが広がればその分ブログに露出される率が上がります。当然そうなれば集客も上がります。

・リスティング広告

有名検索サイトの広告枠を利用したオンラインマーケティングです。 有名検索サイトには広告枠という場所があります。その場所は大抵トップもしくは検索結果の横などの目立つ所にあります。 リスティング広告は、検索連動型の広告になっています。ユーザーが検索したキーワードに合った広告を表示できますので、より質の高い(購買意欲を持った)ユーザーの集客が見込めます。また、常に検索ページの目立つ所にありますので、ユーザーからの信頼や、知名度を得ることも可能です。

・SEO(検索エンジン最適化)

SEOは特定のキーワードで、検索サイトの自然表示枠の上位表示を目的としたオンラインマーケティングです。 ほとんどのユーザーは検索結果の上位2ページ目までしか目を通さないというデータがあります。

つまり、どんな良い商品を取り扱っていようと、検索結果の3ページ以降に表示されているとほとんど見られないということです。サイトを効果的に運営するにあたっての基本はユーザーに対する露出度です。SEOを施すことによりサイトを2ページ以上に表示できるようにし、確実に売り上げを伸ばせるのです。

・LPO(ランディングページ最適化)

ランディングページとはユーザーが最初に降り立つページのことを言います。誰にでも言えることですが、第一印象というのはとても大事なことです。サイトにも同じことが言えます。

せっかくユーザーがあなたのサイトを訪れてくれても、そのページが購買意欲をそそるページになっていなければユーザーはあなたのサイトから離脱してしまいます。LPOを施すことによってそのような離脱を減らすことができます。コンバージョン率を上げるために効果のあるオンラインマーケティングといえます。

他にも様々なオンラインマーケティングはあります。あなたのサイトに求める効果を考え、それに合ったオンラインマーケティングをするといいと思います。人気サイトといわれるサイトは殆どといっていいほど、オンラインマーケティングを実施しているのです。サイト運営において、ただサイトを立ち上げただけで終わりでは意味がありません。

サイトがサイトとしての意味を持つのは売り上げを見込めるサイトになったときです。ですから、オンラインマーケティングでサイトの活性化を図ってみてください。きっと今よりもサイトの存在意義を感じることができるはずです。

Page top